キリストの復活は証明できるか

【問21】キリスト教信仰の土台はキリストの復活にあると言いますが、2000年後の今となっては、キリストの復活が事実であることをどのようにして証明できるのでしょうか?

復活は、聖書中の最大の奇跡です。これが信じられれば、どんな奇跡も容易に信じられることでしょう。旧新約聖書の全体が、キリストの十字架と復活に集約されます。
釈迦も孔子もマホメットも、そのほかのいかなる宗教者も死んで葬られましたが、よみがえったのはキリストだけです。キリストの復活なしに、、キリスト信仰の成立は考えられません。キリストが十字架で死を遂げたとき、他の教祖のように著作や優秀な弟子や組織や軍隊などを残していれば、あるいはキリストが復活せずともキリスト教は成立していたかもしれません。しかし、十字架の下にそうした目に見えるものは何一つ残りませんでした。復活はキリスト教の原点であり、他宗教と決定的に異ならしめるものです。
私はキリストの復活を、次の三つの証拠から確信するようになりました。

《1.キリストの弟子たちからの証拠》

キリストの死は確実でした。十字架上で息を引きとったキリストの脇腹を槍で刺すと、地と水が出てきたと聖書にあります。 死んで既に血液が凝固し、血しょうが既に分離していたのです。その死体を葬った墓が、三日目に空になりました。
ある人たちは弟子たちが墓を間違えたのだと言い、またある人たちは弟子たちがキリストの死体を隠したのだと主張します。しかし、自分の師の墓を間違えるほど弟子や女たち全員が愚かだとは思われませんし(墓に現われた天使まで間違えるはずはないでしょうし)、死体を隠しながら、キリストは復活したという嘘を伝えるために命を捨てるほど、全ての弟子が気を狂わせたとは考えられません。復活の事実を目撃していたからこそ、激しい迫害にも耐える力があったのです。もし、弟子たちの間に幾分かでも嘘があったなら、大半が迫害を目に前にして脱落していったことでしょう。
疑い深いトマスなどは、復活したキリストの身体にさわってようやく信じたほどです。実際、500人以上の人々が復活したキリストとの出会いを同時に体験し(?コリント人への手紙15章6節)、人格が変えられ、そして復活の真実を伝えるために死をもいとわなかったのです。

《2.歴史からの証拠》

当時のユダヤの人々は、約束されたメシヤが出現し、自分たちをローマ帝国から解放してくれると信じていました。そして「メシヤ」を称する多くの人物が現われては、ローマに次々と滅ぼされていきました。表面上の歴史的事実だけを眺めれば、イエスもその中の一人にすぎません。ただ違っているのは、その他の偽のメシヤの名は過去に葬り去られていったのに、キリストの名はむしろ死後においてますます栄え、300年後にはついにローマ帝国を、武力ではなく愛によって支配してしまったことです。そして、その愛が地中海を越えて、世界中に広まっていったことです。
同じように迫害され、同じように殺された「メシヤ」たちの中で、イエスだけが世界の人々の心を征服できたのはなぜでしょうか。それは、イエスの死の直後に人々の心を一変させるような、奇跡的な重大事件が起こったからにちがいありません。それが「復活」なのです。

《今日のクリスチャンからの証拠》

キリストが復活したのなら、今日も生きておられます。その事実を、現代のクリスチャンの個人的な証言から知ることができます。キリストを心に迎え入れることによって、人格が変えられ、考え方や生活が一変させられるという体験を、ほとんどのクリスチャンがしているからです。そのような奇跡的な体験をいつの時代にも、世界のいたる所で聞くことができます。
「死」が象徴するものは、絶望、憎悪、劣等感、傲慢、不義、無目的、無意味な人生です。しかし、それが「いのち」の象徴である希望、愛、信頼、謙遜、自己尊厳、義、意味ある人生に変えられていくのです。これが復活のキリストとの出会いの体験です。2000年前、弟子たちが体験したのと全く同じ出会いです。

復活のキリストは現代の世界にも生きておられます。ですから今日、あなたがキリストを受け入れることを決心なさるなら、キリストの復活の力を体験することができます。そして、あなた自身が復活のキリストの証人の一人となられることでしょう。