ハンドン大学(HanDong Global University)の入学説明会のご案内

日時:2017年2月12日(日)14時~
場所:キリストの栄光教会 会堂
講師:
ハンドン大学教授 ジョン・ベイリー  Prof. John Bailey
ハンドン(韓東)大学のある浦項(ポハン)は、韓国の南東の日本海に面する港湾都市(人口30万人)。キャンパスは、中心街からバスで20分ほどの小高い山の上にある。
大学は、文字どおり聖書に立つ教育をする。初代総長キム・ヨンギルは、元NASA研究員で「創造論」を提唱。教授陣、スタッフは全員がクリスチャン、4学年の学生数は2000、大学院もある。70%の入学生がクリスチャン。学生は、各教授が作るグループに属し、聖書研究やレクレーションなど行動をともにする。
インターナショナルの学生数は20%ほど。ほぼ全寮制でもあり、卒業までに同学年の学生の名前と顔が一致するほどまでに、親しくなる。キャンパスにチャペルがある。
学部の試験は、学生を信頼して、試験官がいないことでも知られる。
韓国在住の韓国人高校生には難関大学の一つで、就職率も高い。授業は韓国語と英語だが、すべての学部が英語で単位が取れる。キャンパスには英語、韓国語の取得クラスもある。