キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

特集記事

  • No Image

    日本の国土の大部分は緑地ですが、イスラエルは大部分が砂漠です。広さは日本の四国ほどで、870万人が暮らしています(四国370万)。しかし、食料自給率100%を達成し、農産物を輸出するまでになっています(日本は生産額で68 […]

    イスラエルから学ぶ

  • No Image

    GCCはまた、「私たちは神の家族として、互いに祈り合い、裁かずに赦し合い、謙遜に仕え合い、聖霊によって心を一つにし、キリストの臨在が見えるような暖かい教会を建てあげます」という願いを掲げてきました(「GCCの祈りと願い」 […]

    キリストの栄光教会15周年(続)

  • No Image

    GCCは、開拓以来、信徒の方々の自由な活動を尊重する牧会を目指してきました。 まずは組織を作り、そこに人を当てはめていくというようなことは極力避けてきました。やりたい人(ビジョンを持った人)がいて、その人が動いて、働きや […]

    キリストの栄光教会15周年