キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

特集記事

  • No Image

    この世界では、すべてのものが古くなります。中古車を乗り回していたらどんどん新しくなった、古い家が住むうちに新築になった、年をとるにつれ次第に若返った・・・ということは起こりません。やがて新車も廃車、新築の家も廃屋となり、 […]

    人生を新築する

  • No Image

    私たちは、主イエスの復活を歴史的事実であると確信しています。イエスの復活はただ一度のことでもあり、検証はできません。ですから信仰による確信です。でも、もしイエスの復活がなかったら、説明できないことが数多くあります。その一 […]

    だから復活を信じる

  • No Image

    GCC礼拝が始まって、15年目に入りました。GCCは設立当初から、もっぱら聖書の学びに励んできました(使徒6:3)。そして、祈り、賛美を大切にし、ともに食事をすること(信徒の交わり)を喜びにしてきました。今後も、これを継 […]

    学び祈り交わり