キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

特集記事

  • No Image

    脳学者によると、人の体や頭はすぐに怠けたがるのだそうです。パウロ風に言えば(ローマ7章)、「私の心は、勤勉でありたいと願っているのですが、私の体と頭の中には怠けたがる性質があり、それが私の勤勉を望む心に対して戦いを挑み、 […]

    怠け癖

  • No Image

    「天路歴程」の著者バニヤンは、1660年から12年間投獄されていました。福音を宣教しないと誓約すれば釈放されたのですが、拒否したのです。彼には、妻と子供たちがいました。娘は目が不自由でした。家族が面会に来るたび、家族、特 […]

    苦難に耐える目的

  • No Image

    現代の宇宙論では、時間も空間も物質もないまったく無の状態から、物質と反物質のエネルギーの波が生まれては即消えるという「真空の揺らぎ」が繰り返されているうちに、何かの拍子に何かが起こって、ビッグバンとなり、宇宙が始まった、 […]

    人間原理でいいのか