キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

特集記事

  • No Image

    耳を掻くのが趣味になっている人は、一日に暇さえあれば、耳に棒を突っ込んでいます。竹製の耳かきから始まって、綿棒、つまようじ、マッチ棒、果ては釘の頭を使ってまで掻く人もいます。耳の中を傷つけ、膿が出るまでになっても止められ […]

    耳掻きの快感

  • No Image

    「外見が実年齢より若く見える」といわれると、たいていの人は喜びます。しかし、私は違います。 昨年秋、初対面の70歳の牧師と談話する機会があり、「同い年ぐらいですか」と言われました。「いいえ、63歳です」と答えると、「それ […]

    実年齢以上に見られるように

  • No Image

    悪質な違反タックルをして関学の選手を負傷させた日大アメフトの宮川選手の記者会見と、翌日の日大元監督、コーチの会見を、テレビで見ました。  宮川選手は、実名と顔を全国にさらし、非を認めて関学の選手に謝罪し、責任を負うことを […]

    日大アメフト選手は泣いた