キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

お知らせ

  • 2018聖地旅行

    キリストの栄光教会主催で2018聖地旅行を企画しました。 参加ご希望の方はお問い合わせください。 ガイド:石堂ゆみ氏 (イスラエル政府公認ガイド) 団長:川端光生牧師 ★期間:2018年11月20日(火)~11月29日( […]

    2018聖地旅行

特集記事

  • No Image

    英名ブラザー・ローレンス(ラウレンシオ、本名ニコラ・ヘルマン)は、17世紀のフランスの修道士です。若い時、30年戦争(1618~48)に参加し、負傷したことから、神の愛と復活を求め、カルメル会の修道院に入りました。そこの […]

    ブラザー・ローレンス

  • No Image

    ひと頃(あるいは今も)、グローバリズムがもてはやされました。「国家を超えて、地球全体を一つの共同体とみる考え方」(デジタル大辞泉)です。でも結局は、欧米基準で物事を決めるということです。アラブ諸国や中国などはそれに抵抗し […]

    欧米基準の克服

  • No Image

    ポルトガルの宣教師ルイス・フロイス(1563年来日)が、「日本では人殺しは普通のことである」と書き残しています。戦国時代、領主は領民の命を平気で奪いましたが、民百姓のほうも生きるために必死で抵抗しました。そんな殺伐した状 […]

    島原の乱