キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

特集記事

  • No Image

    近年、インターネットのネットワークの広がりで、事実だけではなく、数%のホントから100%の嘘までが、瞬時にして世界を駆け巡るようになりました。国家レベルの虚偽報道あるいは捏造報道(Fake News)から、個人レベルの事 […]

    根拠のないうわさが飛び交う時代に

  • No Image

    天文学者たちが地球外生命体を探すために、莫大なお金をかけているが、呆れるほかない、とジャレド・ダイヤモンドが著書『第三のチンパンジー』(草思社)の中で述べています。ダイヤモンドは世界的に著名な進化生物学者で、宇宙のどこか […]

    地球外生命体にメッセージを送る愚かさ

  • No Image

    5年前、父が亡くなったとき、郷里の家で『川端・河端一族の系譜』という和紙綴じ本を見つけました。毛筆手書きの複製本です。川端一族は、平安時代の宇多天皇(887-897)から出た源氏佐々木氏から発し、京都、滋賀、徳島を中心に […]

    あなたの父の家を忘れよ