キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

クリスマスのご案内

  • クリスマスの集い

    2016年度のクリスマス集会のご案内です。 皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい。お待ちしております。 12月10日(土) 14:00~16:00 子どもクリスマス会 ゲーム、アドベントカレンダーづくり、クリスマスのお […]

    クリスマスの集い

特集記事

  • No Image

    東急電車の「電車内での化粧はみっともない」というマナー向上ポスターや動画広告に、女性たちから批判が殺到したそうです。 その反論は、「誰にも迷惑かけていない」「なぜ化粧だけをやり玉に挙げるのか」「電車で化粧して何が悪い」「 […]

    電車内で化粧はみっともない

  • No Image

    アブラハムは主と、「主に無条件に祝福され、そして世界に対して祝福の源となる」という契約を結びました(創世記12章)。アブラハムはそのとおり、主の祝福を受けるだけの信仰の行いがあろうがなかろうが、あるいはときには恥ずべきこ […]

    わからなくても従う

  • No Image

    今年は、使徒20章32節をテーマ聖句とし、礼拝で毎週斉唱してきました。そろそろ暗唱できるころではないでしょうか。 「私の舌はあなたの義とあなたの誉れを日夜、口ずさむことでしょう」(詩 35:28)。私たちは、それを実践し […]

    聖書百遍