キリストを知ってください

人の心には闇があります。孤独感、空虚感、罪責感、無力感、死の恐怖です。そしてその闇から解放されたいという本能も心に備わっています。「孤独感」は愛されたい、理解されたい、受けとめてくれる人が欲しいという心の叫びとなります。「空虚感」は生きる意味を知りたい、生き甲斐が欲しい、自分の存在が役に立っていると実感したい、生きる喜びで心が満たされたいというたましいの渇きとなって現れます。「罪責感」は正しくありたい、赦されたい、憎しみから解放されたいという願いとなります。心に良心があるからです。すぐに弁解するのも責められたくないからです。「無力感」は変わりたいのに変われない、愛したいのに愛せない、自制したいのに自制できないといった自分へのあきらめとなって現れます。「死への恐れ」は死の苦しみを味わいたくない、地上を去りたくない、愛する人と別れたくないという呻きとなって出てきます。だれもが心に闇を持ち解放されたいと思うのに、一生、解決のないまま終わるのでしょうか。人間とはそんな悲しい生き物なのでしょうか。いいえ、水があるから喉は水を求めて渇くように「闇」にはそれを消し去る「光」がちゃんとあります。キリストがその「光」です。キリストの十字架と復活は心の闇を消し去る力です。私たちはそのキリストを知って解放されました。あなたにもキリストを知ってほしいのです。

特集記事

  • No Image

    「私は、神の憐れみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたの体を、神の受け入れられる、聖い、生きた供え物として捧げなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」(ローマ12:1)  私たちは、心と体、あるいは心と […]

    体を生きたきよい供えものとして捧げる

  • No Image

    主に愛されている平安と喜びから、一日を始めませんか。  主は、私がもう忘れてしまった過去の祈りを覚えておられて、思わぬ時にかなえてくださったことがあります。心に願ったけれど、祈ることはなかったことを、考えもしない方法でか […]

    恵の喜びの予感

  • No Image

    日本が技術立国と言われたのも、「今は昔」のことです。特にIT関連の事業の遅れは20年と言われます。1月のNHKで、企業のイノーベーション(刷新)の遅れに関する『座談会』が放映されました。その中の発言を列挙してみます。   […]

    危機感のなさが危機